こども園とコロナ菌

昨日 角田こども園を訪問した。カルテックのKL-W01をいち早く導入された保育園です。6部屋全てに設置されていた。ほぼ2週間稼働しているわけだ。インフルエンザ対策として子供と教師を守るためのの決断を即決なされた古川理事長様には頭が下がる。より安全より安心、働いている先生方も喜んでおられた。大事な子供たちの親御さんも安心なされたことと思う。コロナウイルス対策としても威力を発揮すると確信している。室内の浮遊菌は2時間で殲滅してしまうからだ。コロナ菌はインフルエンザ、風邪、ノロウイルスと同様な感染があるので手洗い、うがいは必須事項だが室内の空気が無菌状態になるのは大きなリスク低減である。29日から台湾に行く予定だったがキャンセルした。台湾はしっかりした防疫対策がされており日本より新コロナウイルスに感染するリスクは日本より低いと考えられる。しかし3月に入って日本に帰って来れるかはなはだ疑問だったからだ。台湾から飛行機が飛ばない可能性がある点ともし飛んで経由で帰って来られても経由空港が香港、上海、韓国ぐらいしか考えられない。沖縄経由だったら本当にラッキーとなる。まさにコロナ菌が拡散してる状態でリスクを取る理由が見つからない。よって中止した。サニーゴ獲得は次の機会を待とう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です